2020年06月05日

Unityゲーム開発実況78

こんにちは! み です!
昨日は横浜めっちゃ暑くて29℃ありました。
もう少しで真夏日です。
こんなに暑いのに足が冷たいんだよね。
冷え性なんだな。
あーやだやだ。
log2_1.jpg
とある質問サイトで、CPUは、なぜ命令を認識できるのか? という質問が上がっていました。
そのサイトの解答ではCPUのロジックをオルゴールに例えていました。
面白い説明だなと思いました。
突起のついた円筒状のアレがメモリ&プログラムだという事ですね。
CPUはその突起を弾くアレだね。
アドレスの上から順にプログラム通りに曲を奏でていく。
メモリは平面である方が説明しやすいので、突起の付いた平面の板の通りに、と言い換えるともっと分かりやすい。
1つの突起が1ビットで表現されているとするなら、
単音は1ビットで表現できる。
和音はどうか?
3つの単音の和音なら3ビットを同時に鳴らすように突起を付ければいいわけだ。
メモリの仕組みは一本の電線で表現でき、電気が通った時、と、電気が通っていない時、の2つの表現しかできない。
電話線一本できれいな画像が送れるのも理解できるだろう?
メモリは0と1しか表現できないわけだから、0が突起の無い場所、1が突起のある場所だ。
これは音を鳴らすオルゴールを模したコンピューターの例だね。
今電話線は光ケーブルで繋がって随分高速になった。
もしこの電話線が64本の束になったら地球そのものが64bitのPCになってしまう。
未来はきっと凄い事になっているぜ。

開発は色々と大変だよ。
まだまだ時間が掛かりそう。
今日はこの辺で!
またね!
ばいばい!


posted by み at 07:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: