2019年12月31日

Unityゲーム開発実況34

こんにちは! み です!
なんやかんやでもう大晦日です!
はやっ!
一年が、というか時間の速さの感じ方は生きた時間の長さに比例するように短く感じるんだって。
何かで読みましたが、ホントそんなふうに感じます。
ankh00_image2.jpg
このゲームのいわゆるモンスターである最初に登場するアンクを制作中です。
ラフデザインは終わったのでちゃちゃっとモデリングしてボーンを付けた所まで進行中です。(画像参照)
デザイン画と比べてみて下さい。
同じように見えてなーんか違うでしょう?
なかなか思ったようにモデリングできないのが苦しい所です。
デザイン画では少し動きがあるでしょう?
モデリングでは真っすぐ作った方がウェイトを入れやすいんですよ。
だからちょっと違って見えるのもありますけど。
モデリングしていると、今モデリングしてイメージに近付けてしまおうという心理が働きます。
モデラーの方、そう思いません?
で、このアンクの口の周りのヒゲ、本当はピーンと真っすぐした方がウェイト入れやすいんです。
でも、アッと気が付いたら曲がった自然に見えるようにモデリングしてしまって。
あー…みたいな。

ということで、2019年お疲れさまでした。
色々とありがとうございました!
来る年も良い年でありますように!



posted by み at 07:26| Comment(0) | 日記

2019年12月27日

Unityゲーム開発実況33

こんにちは! み です!
そごうのデパ地下でターキーレッグつーのを買って食べたよ。
なんかニワトリとは違う香ばしい?地鶏っぽい味がした。
あ、地鶏も食べたことないけどね。笑
肉の中に腱?があるの。食べにくい!でも美味しい!
ankh00_image.jpg
「沈みゆく構造体とクリオネと迷子」の開発はLOG1のいわゆるモンスターを制作中。
アンクAnkhといいます。個体名称はありませんが何種類かのアンクを予定しています。
イメージは頭の中にあって、それをパパッと描いてみました。(画像参照)
5分か10分で描いたのでかなりラフですがこれがあるとモデリング時に重宝します。
例えば口がガバッと開くので、それが可能なポリゴン状態にしながらモデリングするのです。
星の水中深くから出て来た生物なので白く色素が欠落していて透明部分もあるかもしれません。
もちろん目は退化しています。いや元から無いのかもしれません。
人が海水に浸かっていると現れ、捕食しようとします。
ただ、このゲームは戦闘ゲームではありません。
次々にアンクが現れてアンクを倒すことが目的になるようなことはありません。
描きたいのは「クリオネの気持ち」です。
でも迷子の事が気になるでしょう?
だからその「クリオネの気持ち」を描きたいのです。
だからと言っても「クリオネの気持ち」はこのゲームには一切表現されません。

ということで今日はこの辺で!
またね!
ばいばい!


posted by み at 08:34| Comment(0) | 日記

2019年12月24日

Unityゲーム開発実況32

メリークリスマス! み です!
猫のモンが肉じゃがの鍋をひっくり返したりするんです。
作ったばかりの鍋を。
取っ手を咥えてズルッズルッってやってガス台から落とすんです。何度も。
コラーッ! モンッ!
って言って、抱っこしてナデナデして、ダメだよって言うものだから、きっと褒められているのだと勘違いしているに違いないです。
test5.jpg
クリオネが水深10cmの所を走ります。
波紋が出来て二つ三つの波紋跡が残って消えていきます。
(分かりずらいですが画像参照 ちなみにこの画像のカメラワークはPボタンで変更可能です)
これには2日ほど掛かってしまいました。
同時に迷子にも波紋の足跡を付けます。
これは10分で完了。
さて、この星には厄介な生物が居ます。
その生物はネイテブクリーチャー、つまり土着生物です。
名称はアンク。Ankhと言います。
この生物は人間がこの海の水に触れると出現します。
捕食しようとするのです。
このアンクのデザイン画を描いています。
それが出来たらモデリングです。
次回スキャナしてアップします。

それでは今日はこの辺で!
またねー!
ばいばーい!


posted by み at 07:44| Comment(0) | 日記