2019年09月06日

Unityゲーム開発実況2

こんにちは! み です!
新作が完成するまでを「Unityゲーム開発実況」することにします。
新作のタイトルは「沈みゆく構造体とクリオネと迷子」です。
C.jpg
さて、前々回までUnityの勉強をしていました。
とりあえずUnityの基本的な部分はなんとなく分かったので実践開発です。
プロジェクトは一時棚上げになっていた「沈みゆく構造体とクリオネと迷子」です。
MATREではこれまでMATREエンジンを使用してゲームを制作してきました。
色々とゲームを取り巻く環境が変化し、また開発者「み」の能力も限界に近く、エンジンの再開発をして時間をかけるよりも既存のエンジンを利用してゲーム作りに専念したいという考えから、今、こんな感じです。

まず、新作のおおまかなイメージを説明します。
--------------------------------------------------
「遠い未来」、「遠い星」での出来事。
海には人の作った朽ち果てた構造体があり、徐々に沈みかけている。
その構造体に何らかの外殻の破片に乗って流れ着いた「迷子」。
そして構造体の片隅に打ち捨てられた一体の人工生命体の骸(むくろ)。
迷子がその骸に触れた時、人工生命体は起動する。
人工生命体の名称は「クリオネ」。
クリオネはその網膜に迷子を認識。
そして網膜ウィンドウに「緊急保護モード起動」の文字。
--------------------------------------------------
プレイヤーはクリオネとなって迷子を保護し(迷子の)目的を達成しなければいけません。
と、こんな感じです。
Unityの予習をしていたせいで既にクリオネと最初の構造体をFBXに変換してプロジェクトに入れる所までは進んでいます。(画像参照)
今は構造体の床や壁にコライダつまり衝突判定用のオブジェクトを付けている所です。
この後はクリオネを歩いたり走ったりさせてみます。
これも時間は掛からない見込みです。

それでは今日はこの辺で!
またお会いしましょう!
ばいばーい!


posted by み at 07:25| Comment(0) | 日記