2019年08月20日

Unityの勉強 その13

こんにちは! み です!
暑くて頭の中が蒸れて爆発しそうなのでヘアトニックを買いました。
数分ですがスースーします!
test.jpg
アイテムが取れるようになりました。(画像)
5つ取ったらクリアです。
色々思い通りにいかなくて大変です。
細かい調整をしたらUnityの勉強第一段階は終了です。
次は第2段階としたいところですが、勉強しながらの実践としたいです。
開発するタイトルは「沈みゆく構造体とクリオネと迷子」の予定です。
「インデックスフィンガー」というのもあるんですが、
コレは次にします。
でもまず、カケラノカケラを最後まで作ります。

今日はこの辺で!
またね!
ばい!


posted by み at 08:30| Comment(0) | 日記

2019年08月16日

Unityの勉強 その12

こんにちは! み です!
大きな入道雲を見てかみさんが、
「雨が降るよっ!」
って叫んだのだ。アニメっぽい声で。
「それって、今から晴れるよ、じゃね?」
かみさん、吹き出しました。僕も!
test.jpg
シーン変更によるオブジェクトの維持ですが、
色々試したけどイメージ通り出来なくて、必要なオブジェクト(キャラとか)の位置と向きの情報をバックアップ変数に退避し、戻る時にstart関数で復帰させてみました。
今の所うまくいってます。
出来ない方法で悩んで時間を潰してしまうより、さっさとできる方法を探すほうがいい時もあるよね。

あと、フィールドにアイテムを置いてみました。(画像)
記憶ノカケラみたいなカケラです。
これに触れたらゲットです。
触れたかどうかの判断は、
まずリリーの足元に直径20cmの球があると仮定して、、
そしてアイテムの中心にも直径20cmの球を置きます。仮定だよ。
そんで、2つの球の中心の距離を測るんです。
数学は知らなくていいのです。
関数が用意されているから勝手に距離が返ってくるのです。
その距離と2つの球の半径の和の差を比べます。
距離が半径の和より小さくなったら衝突していると判断します。
それがアイテムゲットの合図。
このようなプログラムはDirectXでもUnityでも同じようにできます。

アイテムは5つ置いて全部とったらゲームクリアにしようと思います。
それが終わったら仕上げをして公開しようかな。

さて、今日はココまで!
またね!
ばいばい!


posted by み at 07:33| Comment(0) | 日記

2019年08月13日

Unityの勉強 その11

こんにちは! み です!
3980円だったので、テントを買いました。
家でやってみます。
いや、部屋でやってみます。
もしかして蚊帳か?コレ?
test.jpg
Unityの勉強は続いています。
カメラはリリーの背後に付けられました。(画像)
ゲームっぽくなってきましたが、Unityが微妙にエラーを表示します。
リークエラーのようです。
リークするような所なんかないけどなー?
起動してすぐ出ることもあるし、5分くらい操作してると出ることもある。
そんなだから原因分からずです。

そうそう、シーン間のモーション切り替えですが解決しました。
僕の勘違いでした。ゴメンね。
各シーンでアニメーションコントローラーを設定すればいいということでした。
でも、ここに問題も生じています。
シーン間のオブジェクトの維持が出来ないという事です。
これはめんどくさいことになってきました。

アレもコレも色々出てきてやっぱり一筋縄ではいかないです。
大丈夫かなー?

今日はこの辺で!
またねー!
ばいばい!


posted by み at 09:10| Comment(0) | 日記